練習メモ

テーマ Samba Song的解釈
Ojos De Rojo

1.Samba Songの応用形

シダー・ウォルトンの「Ojos De Rojo(オハス・デ・ロハと発音します。赤い愛というのが直訳)」を題材に、Samba Songで学んだ現代ジャズ・アレンジのエッセンスを全てつぎ込んでみましょう。

2.イントロ

イントロは半音下降するコード。フォルテで演奏します。

3.A

ベースとピアノの左手が主導するラインにメロディを載せます。メゾ・ピアノで音量を抑え気味にします。

4.B

ソロのコード進行でもあり、メイン・テーマでもあるパートです。メゾ・フォルテのサンバで。

5.C

メゾ・ピアノに落として。このパートに続いて、再びAを演奏します。

6.テナー・ソロ

サンバで。

7.テナー・ソロからピアノ・ソロへ

テナー・ソロが終わったら、C−Aとアンサンブルして、ピアノ・ソロへ。ピアノ・ソロは冒頭から4ビート。

8.ピアノ・ソロ最終コーラス

ピアノ・ソロの最終コーラスにテナーがBのメロディを演奏して、Cに進みます。

9.ドラム・ソロ

ドラム・ソロはBの変形パターンをバックに。

10.エンディング

ドラム・ソロ終了後、イントロ・パターンを2回繰り返して終了です。

11.参考演奏

今は亡きボブ・バーグ在籍時のアルバムから。

Eastern Rebellion 2/ Cedar Walton Timeless CD SJP 106
Bob Berg tenor sax
Cedar Walton piano
Sam Jones bass
Billy Higgins drums
1977年1月26-27日録音
 
inserted by FC2 system