練習メモ

テーマ 日本人による新しいジャズ
Kang-Foo

1.Steps、Three Quartets、そして香津美さん

1980年12月にマイク・マエニエリがマイケル・ブレッカー、ドン・グロルニック、エディ・ゴメス、スティーブ・ガッドを擁してStepsとして六本木ピット・インを中心に数多くのライブを披露し、帰国したマイケル・ブレッカーは翌1981年1月〜2月にチック・コリアの「Three Quartets」を録音、Steps来日時に客演も行った渡辺香津美さんが日本人だけのバンドを結成して1981年5月にアルバム「Talk You All Tight」を発売しました。

その「Talk You All Tight」のラストを飾ったのが、4ビートの「Kang-Foo(カンフー)」です。間近にStepsを体験した香津美さんならではの「新しい4ビート」の解釈と言えるでしょう。

2.イントロ

意外と譜割りが難しいイントロ。曲全体を通じてGのペダルが特徴です。

3.4ビートなテーマ

テーマは一応4ビートですが細かいキメが散りばめられており、ベースもランニングに拘らない自由なラインを弾いています。

テーマは2回繰り返しましょう。

4.ソロ前テーマ

テーマのショート・カット・バージョン。

5.テナー・ソロの1コーラス目

先発ソロのテナーの1コーラス目は白玉系バッキング。

2コーラス目からは4ビートにします。

6.テナー・ソロからピアノ・ソロへ

ソロの最終コーラスはコード進行が若干違います。イントロ・パターンを経てからピアノ・ソロに入ります。ピアノ・ソロは最初から4ビート。

7.ピアノ・ソロからドラム・ソロへ

ピアノ・ソロからドラム・ソロを挟んであとテーマに入ります。

8.エンディング

テーマを1回演奏して、イントロに似たエンディングに入ります。

9.参考演奏

オリジナルの演奏はこのアルバム。

Talk You All Tight / 渡辺 香津美 日本コロムビア YF-7022
渡辺 香津美 guitar
清水 靖晃 tenor sax
笹路 正徳 piano
高水 健司 electric bass
山木 秀夫 drums
1981年5月発売

ですが、ここでお手本とするのは同じメンバーがアルバム発売後にFM東京のスタジオで行った演奏。構成もこちらに準拠します。カセットから起こしたので、相当に音悪いです。

1981年6月録音

10.データ

この回で紹介したデータをまとめておきましょう。

曲名 楽譜 Midi
Kang-Foo リードシート(key of C)
リードシート(key of Bb)
 
inserted by FC2 system