練習メモ

テーマ まずはテーマだけ
Every Day(I Thank You)

1.まずはテーマだけ

結構、複雑な曲なので、今回はテーマだけ。

2.バラードだけどそれだけじゃない

パット・メセニー、正確にはパット・メシーニーのナンバー。おそらくマイケル様のテナーを想定して作曲、二人がそろうと必ずといっていいほど演奏していましたが、マイケル様は自分のカルテットでも演奏していました。ギターがないと成立しないように見えて、ピアノでも十分イケます、少なくともジョーイ・カルデラッツォが弾けば(^_^;)

バラードで始まりますが、アドリブ・パートは8ビートだったりします。やや長い演奏なので、構成を俯瞰してみるとこんな感じになります。

オリジナル通りに演奏しようとすると、中間のソロ・ギターの部分が厳しいので、今回はこんな構成でやってみたいと思います。

2.バラード(テーマ)部分

上の図で「テーマ」と簡単に書きましたが、実は結構、複雑です。

(1)キューで始める前半

テンポに乗るのではなく、キュー(合図)でフレーズを進めます。赤丸がキューで始める音。

(2)キューで始めてリズムに乗る6/8拍子

キューで始めますが、ビートは6/8拍子に変わります。最後4小節は完全にビートに乗ります。

(3)バラードな6/8拍子

ビートは6/8拍子ですが、バラード調です。

3つ続けて演奏するとこんな感じ。

オリジナルはこれを2回繰り返しますが、時間の都合上1回にして、次へ進みます。Aの変形パターンです。

3.参考演奏

1980年5月に録音され、「80/81」と題されたアルバム。ECMの原盤(レコード)ではECM-1180/81と採番され、1980年台の新しいジャズの先駆けを意識してのタイトルか、などと言われたものです。ただ、当時、パット・メセニーと言えばリー・リトナー、ラリーカールトンに続く、フュージョン系のギタリストの新星として脚光を浴びつつあったわけで、180度異なるアコースティック・ジャズのアルバムは衝撃的でした。しかもオーネット・コールマンの曲も取り上げるという、フリー寄りの演奏でしたから。いわゆる「ギター・キッズ」らからは敬遠されましたが、スイング・ジャーナルを中心とする懐古趣味反動主義者からは「やっとメセニー君も大人になったね。わしは前から見所のある子だと思っていたんじゃ」風に歓迎されました。

でも、やっぱり一番影響を受けたのは、当時大学2年生だったぼくらの世代。すでにジャズ研界(?)ではジョンスコ・メセニー時代に入っており、ジャズ色の強さではジョンスコがリードという局面でしたが、このアルバムでメセニー株がぐんと上がったような記憶があります。ぼくも12弦ギターで一曲作って演奏したりしてました(恥ずかしい)。

メセニーにとっても転換点でしたが、我らがマイケル様にとってもターニング・ポイントとなり、このときのメンバーを中心に遅すぎた初リーダー・アルバムが作られることになるのでした。

80/81 / Pat Methny ECM -1180/81
Pat Methny (guitar)
Michael Brecker (tenor sax)
Charlie Haden (bass)
Jack DeJonette (drums)
1980年5月録音

4.データ

この回で紹介したデータをまとめておきましょう。

曲名 楽譜 Midi
Every Day (I Thank You) リードシート(key of C)
リードシート(key of Bb)
 
inserted by FC2 system