練習メモ

テーマ All Of Meの応用?
I'm Sorry

1.All Of Meの応用

この曲はいろんな要素がてんこ盛りですが、ソロに関しては「All Of Me」の応用です。つまり、コーラスの途中を繰り返します。リハーサルマークではCの部分。むしろ、その繰り返しの部分がソロのメインなんですが。

2.ルバート始まり

テーマをルバート、つまりテンポを自由に動かしながら演奏します。MIDIでは再現が難しいですが、テナーとピアノのデュオで演奏します。最後の4小節でベース、ドラムスが加わって、ビートに乗ります。

3.普通にもう一度テーマ

もう1コーラス、今度は普通にテーマを演奏します。

4.テナーソロ

何コーラスか、普通にソロをとってもいいですが、ここでは1コーラスで繰り返しに入りましょう。A、Bと普通にソロを取って、Cを繰り返します。合図でDに進行し、ソロを交代します。

5.ピアノソロからベースソロ

ピアノソロもテナーと同様に進行します。合図でDに進行しますが、最後だけちょと違う。Eはベースソロにしましょう。Fは意外とリズムが難しい。

6.ラストテーマ

「All Of Me」と同様にラストテーマでもCを繰り返します。Dからエンディングに入ります。

7.参考演奏

オリジナルの演奏はこのアルバム。イントロが今回とは異なります。

Love Play / Mike Mainieri Arista B 19D-47024
Mike Mainieri vibe
Michael Brecker tenor sax
Warren Bernhardt keyboards
Tony Levin bass
Steve Gadd drums
David Spinozza guitar
1977年録音

当時の若手実力者が一堂に会した日本のライブ・アルバムから。今回はこの進行に沿っています。長らくCD化が待たれていて1998年にタワーレコードがCD化、さらに雑誌「アドリブ」の松下編集長らが頑張って2002年に再CD化されました。そして今月、3度目のCD化が実現しました。

The New York All Starts Live / 深町 純 Roving Spirits RKCJ-6015
Mike Mainieri vibe
Michael Brecker tenor sax
Richard Tee piano
Anthony Jackson bass
Steve Gadd drums
Steve Khan guitar
1978年録音

こちらは入手可能ながら、マイケルのソロにバッサリとハサミが入っています。許せん。

Blue Montruex / Arista All Stars BVCJ-37065
Mike Mainieri vibe
Michael Brecker tenor sax
Warren Bernhardt keyboards
Tony Levin bass
Steve Jordan drums
Larry Coryell guitar
1978年録音

8.データ

この回で紹介したデータをまとめておきましょう。

曲名 楽譜 Midi
I'm Sorry リードシート(key of C)
リードシート(key of Bb)
リードシート(key of Eb)
 
inserted by FC2 system