練習メモ

テーマ バラード
Ruby,My Dear

1.モンクの曲

またまた、セロニアス・モンクの曲です。モンクの曲はスタンダード並にいろんな人が取り上げますが、モンクの個性が強すぎるせいか、モンクのように弾かないとハマらない場合が多いです。全部、モンクのように弾いてしまうとつまらないですが、ポイントは押さえておく必要があります。

2.モンクのこだわり?

Aに3つの相似形メロディが出てきますが、これが微妙にリズムが異なります。ついつい、3つとも同じリズムで弾いてしまいがちですが、これはモンクのこだわりでしょうかねえ。

3.テーマ

A(8)ーA(8)ーB(8)ーA(8)の32小節です。譜面には最低限のキメを書いています。これを外すとこの曲じゃなくなります。

4.ソロ

ソロはピアノでA(8)ーA(8)の16小節弾きます。

5.ラスト・テーマ

あとテーマはBから入り、Aで終わります。

6.参考演奏

コルトレーンを見出したのはマイルスですが、上達のきっかけを与えたのはモンクです。倍音理論を教えて、サックスでも和音が出せることを示唆したなんて言われています。

with John Coltrane / Thelonious Monk Riverside
John Coltrane tenor sax
Thelonious Monk piano
Wilbur Ware bass
Shadow Wilson drums
1957年録音

7.データ

この回で紹介したデータをまとめておきましょう。

曲名 楽譜 Midi
Ruby, My Dear リードシート(key of C)
リードシート(key of Bb)
リードシート(key of Eb)
 
inserted by FC2 system