練習メモ

テーマ バラード
Say It

1.バラード

アマチュア・バンドではなかなかバラードは取り上げないかも知れない。いわゆる「聴かせる」技術がないと、テンポが遅い分だけ間が持てないというか、ショボショボの演奏になってしまったり、ノリのない、平板的な演奏になってしまったりしますので。

まあ、何事も経験ということで、トライしてみましょう。テンポは遅いですが、ビート感を失わず、かといってビート感を出し過ぎず演奏しましょう。

2.テーマ

A(8)ーA(8)ーB(8)ーA(8)の32小節です。サビをペダルにするところがコルトレーン風。

3.あとテーマ

ソロはピアノがA(8)ーA(8)の16小節取ります。Bからテーマに戻ります。2小節プラスしてポーズしてから、静かに終わりましょう。

4.参考演奏

コルトレーンの演奏。

Ballads / John Coltrane Impulse
John Coltrane tenor sax
McCoy Tyner piano
Jimmy Garrison bass
Elvin Jones drums
1962年録音

こちらは映像付きで。

Ballad / Michael Brecker フジテレビ
Michael Brecker tenor sax
佐山 雅弘piano
バカボン 鈴木 bass
村上 "ポンタ" 秀一 drums
1999年録音  

5.データ

この回で紹介したデータをまとめておきましょう。

曲名 楽譜 Midi
Say It リードシート(key of C)
リードシート(key of Bb)
リードシート(key of Eb)
 
inserted by FC2 system