実録!ズージャでGO! 4月18日 その4

テーマ ブレイク&ピックアップ
All Of You

1.ブレイク&ピックアップ

テーマのメロディが終わって最後2小節くらいを残して全員が音を止めて、ソロを始めることがあります。これを「ブレイク&ピックアップ」と言います。

ピックアップの部分はソロイスト以外誰も演奏していない、文字通りの「ソロ」になるわけです。カッコ良くピックアップ出来ればソロにも勢いが付きますが、入り損ねたり、フレーズを外したり、リズムがコケちゃったりすると、相当カッコ悪いものです。

大体は最初のソロイストだけがこのピックアップ・ソロを弾きますが、これを全員にやってもらおうというのが今回の趣旨です。もちろんベースもやります。

2.マイルス式ソロ延長法

曲のエンディングでII-V-IをII-V-III-VIに変えて延長する方法があります。それを各ソロの最後に適用して、ソロを延長する演奏法があります。

通常のコード進行
II-V-III-VIで延長

マイルスはこれがお好きらしく、「If I Were A Bell」、「I Could Write A Book」、「All Of You」などで採用しています。

コルトレーン先生も影響されたのか、「But Not For Me」で採用しています。

My Favorite Things /
John Coltrane
Atlantic 1361
John Coltrane tenor sax
McCoy Tyner piano
Steve Davis bass
Elvin Jones drums
1960年10月26日録音

Aの部分にGiant Steps進行を大胆に当てはめた演奏です。

マイルスの場合、ごくごく普通のコード進行なのでどこからこの延長に入ったかが分かりづらいですが、コルトレーン先生の方は「これから延長パターンに入りまっせ〜」部分もあり、明確に分かるので、より効果的だと思います。

3.この曲について

コール・ポーター作曲のスタンダードです。コール・ポーターの曲の特徴としては

  1. 1コーラスが長い
  2. A−A−B−Aだけど最後のAが長い
  3. IIm7を♭5にするのが好き
  4. ハーフ・ディミニッシュからの半音下降が好き

などが挙げられますが、この曲では3だけ当てはまります。

最初のテーマは譜面通りに演奏します。Bの2段目、Eフラットからの半音下降はソロではGm7ーC7に置き換えることが多いですが、似たようなコード進行が続く曲なので、アクセントを付ける意味でも毎コーラスこの通り演奏しましょう。ただ、アドリブはGm7ーC7のつもりで構いません。

30小節目のアタマでブレイクして、テナーがピックアップしてソロに入ります。

テナーソロの1コーラス目は普通に演奏して、2コーラス目の最後から延長パターンに入ります。

ソロの最後はテーマを引用してブレイク、ピアノがピックアップしてソロに入ります。

ピアノソロも同様に2コーラスで延長パターンに入り、テーマを引用してブレイク、ベースがピックアップしてソロに入ります。

ベースソロは1コーラスで延長パターンなし、ブレイクしてテーマに戻ります。

あとテーマでも延長パターンに入り、終わりましょう。

4.参考演奏

あまりに有名すぎるアルバムですが、一番ちゃんと演奏しているので。

'Round About Midnight /
Miles Davis
Columbia 8649
Miles Davis trumpet
John Coltrane tenor sax
Red Garland piano
Paul Chambers bass
"Philly" Joe Jones drums
1955年録音

5.データ

この回で紹介したデータをまとめておきましょう。

曲名 楽譜 Midi
All Of You リードシート(key of C)
リードシート(key of Bb)
リードシート(key of Eb)
 
inserted by FC2 system